巣を作る

駆除の方法と費用について

一部地域を除く、日本国内の市街地において、どの季節でも見かける動物としては、ハトが挙げられます。このハトはドバト(カワラバト)と呼ばれる種類で、主に建築物などに巣をつくり、人間の食べ残しなどを餌として、街中に棲みついています。 駅のホームなど、人が多くいるような公共の場に姿を見せ、人の頭上を足場としていることが多いため、度々フンに悩まされることとなっています。マンションなどのベランダなど含め、このような場合は、ハト駆除を専門とする業者に依頼して、ハト駆除が行われます。その多くは、まずは忌避剤で追い払われ、ハトの足場となっていた場所にはトゲを設置して、再び戻って来られないようにします。 これらの作業にかかる費用は、2万円程度からとなっていて、ネットなどの設置や、施工場所の面積によって増加する傾向にあります。

駆除におけるこれまでの変遷は

ハトは世界中でも見られ、日本国内においても、古くから存在しています。警戒心の強い動物でありながら、巣になる場所や餌となる食べ物には、強い執念を見せます。そのため、追い払うだけでは、すぐに戻ってきてしまいます。餌に関しても、人に近づいてきてまで様子を伺うことがあり、軽い気持ちで餌を与えてしまうため、追い払っても、人が呼び寄せてしまう結果となっています。 また、建物の高層化により、高所では人に対する警戒をする場面も少なくなるため、ビルなどが少なかった時代よりも、ハト駆除が困難になり、数も増えることとなりました。現在におけるハト駆除では、高所などの危険な場所で施工されることが多いため、専門の技術と知識を持った業者に委ねられています。

Copyright © 2015 害虫や害獣被害が増大する前に徹底的に退治しておく. All Rights Reserved.
Design by Megapx
Template by s-hoshino.com
このエントリーをはてなブックマークに追加