特徴を理解しよう

顔に特徴があるハクビシン

ハクビシンを漢字で書くと「白鼻芯」となります。その名の通り、額から花にかけて白い線があるのが特徴のジャコウネコ科の動物です。 果実を好んで食するため、果樹園などでの被害が多かったのですが、最近では一概にそうであるとも言えません。果樹園などがない都心でも、ハクビシンが見られるようになり、住宅などに侵入・棲みつくケースも多くなってきています。 ハクビシンが住宅に棲みついているという場合には、気が付いた時点で早めに駆除する必要があります。ハクビシンを駆除せずにいると、健康被害や住宅に被害が及ぶ場合がありますので注意が必要です。 駆除に関しては、自身で行う方法と専門の駆除業者に依頼する方法があります。なお、捕獲する場合には自治体の許可が必要となります。

捕獲器の使用法について

ハクビシンを捕獲器を使用して捕獲するという場合には、まず住宅への侵入口や侵入経路を探す必要があります。その方法として、有効などが足跡を見付けるという方法です。 石灰などを侵入口や侵入経路となりそうな部分に撒いておきます。ハクビシンがその場を通った場合には、足あとがつくはずです。それを目安に捕獲器を設置するようにしましょう。捕獲器には、おびき寄せるエサとして果物を設置するようにしましょう。 捕獲器を設置・移動させるという場合には、素手で触ると人のニオイが付いてしまいます。軍手などを着用しニオイが捕獲器に付かないようにしましょう。 最近では、捕獲器の貸出を行なっている自治体もありますので、相談してみましょう。

Copyright © 2015 害虫や害獣被害が増大する前に徹底的に退治しておく. All Rights Reserved.
Design by Megapx
Template by s-hoshino.com
このエントリーをはてなブックマークに追加